2016年10月07日

金星と地球のダンス

浜屋敷 吹田

先日の10月5日(水)に、「金星と地球のダンス」糸かけのテスト開催を行いました。上記は、会場の縁側からみた風景。昔の庄屋屋敷をそのまま利用した貸室なので、お庭だけでなく、建物も、まるで、子どもの頃におばあちゃんちに来たかのようなくつろいだ雰囲気を味わえるという素晴らしい場所です。

金星 糸かけ

午後からは、通常の糸かけマンダラワークショップも同会場で開催しましたので、二つの違いと、それぞれの特徴、良さを体感できる日でした。

この日は、台風接近により、電車が止まるんじゃないか?という懸念のもと、ご参加のみなさまも、行ってもよいものかどうか迷った日でした。

興味深いことに、この日は、ご参加の多くの方が、お越しになる時、いつもはないような、ほんのちょっとしたズレを経験なさったようです。

「返信メールが届いていないのですが、今日行ってもいいんでしょうか」とお電話が当日朝にあり、他の方からは、「タクシーで向かってますが、運転手さんが道をご存じないみたいで、迷ってます」、「30分着の電車の予定が乗り遅れなんとかギリギリで到着予定の電車を乗り過ごし、今XXXXです。急いで引き返して向かいます。遅れてすみません。」など、次々にご連絡が入ります。

台風接近で開催もどうしようか、どうなるかと思っていた日ですから、それに加えて、今日はなんだか色んなエネルギーが入り混じっていそうだなぁと思いました。

当方のワークショップは、のほほんと、のんびりしておりますので、なるようになるだろう、なるようにしかならないから、どうにかなるさ~♪的なノリで開催しておりますので、どうなるかはその時のお楽しみ。

色々ありましたが、みなさん揃って、みなさん無事にお越しいただけました。ありがとうございます<(_ _)>

金星と地球の軌道の糸かけは、正直、とてもシンプルで単純な作業です。 数を数えながらする通常の糸かけマンダラに比べると、とてもカンタン。 ただ、ひたすら修行のように、黙々と同じ作業をし続けるので、根性と気合のような世界です(笑)。

ひたすら黙々作業を続けると、5~6時間程度で完成します。この日も、朝10~夕方5時まで、たっぷりお時間をとり、お好きな時間までしていただけるように設定しました。

しかし、しかし。。。。

そんな単純な話ではなかったことを思い知りました(;^ω^)。 どなたも完成しませんでした。みなさん、疲れ果てて、4時にはお持ち帰り。 

その様子をみて、こちらも、慌てて、「ビーナスアクティベーション」という金星のエネルギーを受け取り、バランスさせてくれるブレンドエッセンスも投入しました。私が、フラワーエッセンス屋さんでよかった!

この糸かけで使うのは、糸かけマンダラで使う糸とは違う、なめらかでつやのある糸を使いますので、糸代が高いため、セットでお渡しするのが難しいため、糸を新たに購入していただく必要がないように設定しておりました。

どれでもお好きな糸を使って、完成させてお持ち帰りしていただけるように考えていたのですが、最終的に糸をお買い上げいただいてお持ち帰りになったため、糸代がプラスされて、テスト開催なのに、トータルでお高くなってしまい、申し訳ない限り。 今回ご参加いただいたみなさまは、次のワークショップは、無料でご参加いただけるようにして、還元させていただきます<(_ _)> (10/7追記:すみません、やっぱり材料費や経費として、700~千円程度だけお願いしますm(__;)m)

金星と地球は、5回会合(重なる)位置がございます。 会合ごとに、色を変えてかけていくので、合計5回転します。

お持ち帰りの段階では、このような状態でした。

・ どうにか1回転完成した方。

・ 途中で糸が切れて、ほどけてきてしまったので、最初からやり直すと腹をくくり、思い切って、全ての糸を切り取ってゼロに戻した方。

・ 順番に正しくかけていってるはずだけど、浮き出て見えるハートがなんだか違う形ような。。。。 本当にこれで合ってるのだろうか?そもそも、何回転めなのかもよく分からない という方。


お教えする講師の私の力不足と未熟さも大いにあるので、その点はこれからの課題として、真摯に受け止めて次のワークショップに繋げていきますね。未熟な講師で申し訳ございませんでした。

しかし、この糸かけは、ただ、順番に黙々と糸をかけていくだけなので、お教えすることはそれしかないというのも正直なところです。イメージとしては、就学前に子どもが遊びでする、てんてんを番号順に繋げていくと絵が浮かび上がるような感じですが、それよりさらに簡単です。なぜなら、てんてんは、規則正しく、隣に並んでいるから、次の番号のてんがどこにあるか、探さなくてよいからです。

ハート形が浮き出ているのをワクワクしながら、楽しんでするというよりは、なんだか、苦行か、はたまた修行、中には、罰ゲームのように見えるような。。。。

今回は、正式なワークショップとして提供できるのかどうか、試しにテストで開催してみるという意味合いもありました。なぜなら、なぜかイメージがわかなかったからです。

ご協力ありがとうございました! なんだか、色んなものが噴出して、このワークは、予想外に奥深いもののようです(;^ω^)

実際のところ、通常の糸かけマンダラは、自分の奥深いところに気づく、自分をみつめるワークという意味合いが強いですが、こちらのワークは、金星と地球、おそらく、自分と女性性エネルギーとの付き合い方、バランス、人との関わりがテーマです。

ちなみに、ヒーリングやスピリチュアルなことで多いのが、私も何回か経験しましたが、行こうとしても行けないように足を引っ張られる時があります。ひどい場合は、そこに行こうとしたら、毎回事故やトラブルに巻き込まれていけなくなったり、いきなり体調が悪くなったりして、身体が動けなくなる。 それでもどうにかして行ったら、調子がよくなります。そんな時は、絶対にそこに行かせたくない存在が、どうにかして行けないように妨害していることがほとんどです(多くの場合、霊のしわざで、自分が祓われると困るので妨害する)。今回参加して下さった全員が、その軽いのがあったのかもしれません。

実は、先日の秋分もしくは新月で、時代のエネルギーが、これまで3000年ほど続いていた、男性性優位のエネルギーの社会が、これまで抑圧されてきた女性性エネルギーに切り替わる時代に入ったと言う人が多いです。

といっても、ここ数年、これまでのエネルギーとなんか違ってきていると感じている人も多く(私もその一人です)、移行期(遷移期)で流動的な時期であり、不安定な時期だと実感や体感をしている人も多いので、今さらと感じる人も多いはず。

しかし、どうやら、その勢いは、誰もが影響を受けずにいられないほど、激しくなっていく時期がスタートしたようです。

金星のエネルギーは、愛と美、そして、女性性、水などで象徴されます。

水。。。。。 フラワーエッセンスを彷彿させるなぁ(;・∀・)

そして、糸かけは、シュタイナーが意図しているように、頭での理解だけでは、エネルギーと繋がれない、バランスを崩しておかしくなる、エネルギーとして感じられないので、頭で理解すると共に、同時に、身体を動かし、スピリチュアル的にも、霊的にも、しっかりと繋がり、感じ取れる力をバランスさせるためのワーク。

金星の糸かけをすることで、身体とエネルギー体の両方で、金星のエネルギー、そして、金星と地球、自分自身とのエネルギー交流もバランスさせていくことになるんだろうと思われます。

移行期は、とても不安定な時期です。旧世界と新世界がまじりあっている状態だからです。

意識を旧世界に向ければ、そちらに引っ張られる。でも、すでに世界は変わるしかないので、旧世界に戻ると、新しい世界では生きていけないのも、感覚として感じている。

でも、新世界は、全く知らない世界すぎて、何も分からないから、怖くて不安だから、行きたくない。でも、とても魅かれるし、気になる。

そんな時期です。

これまでの世界は、男性性優位で、女性性を抑圧して従わせてきた世界でもあります。そのため、女性性は使わなくても、いえ、使おうとしても、とても強い男性性エネルギーで潰され、従わせられるため、できなかったので、使いようがなかったので、役に立たないので、使おうともしなかった人がほとんどです。

これからは、そうではないのかもしれません。

金星が象徴する女性性のエネルギーを使いこなすよう、迫られているのかもしれません。

今回のお試し開催の結果をみて、そんなことが思い浮かびました。

ちなみに、なぜか今度は、妙に水星が気になり、水星と地球のダンスの糸かけをしたいと思って調べていたら、面白いことが見えてきました。

水星は、地球よりも、さらに太陽に近い惑星なので、エネルギーの源の太陽から、強烈なエネルギーも受け取っている惑星です。

しかし、まだ調査はあまり進んでおらず、よく分かっていない星なんだとか。

色々みていくと、水星は、“両性具有を意味する。男性と女性の両方の性質を持つ” という記述があるんですね。

女性性と男性性を統合したエネルギーなのかもしれません。

実際、惑星記号をみてみると、水星は、男性を示す記号 と女性を示す記号を組み合わせたものに見えます。

惑星記号

金星は、女性の記号ですね。では、男性は。。。。 火星です。

もしかしたら、水星の糸かけする前に、火星と地球の糸かけをしたほうがよいかもしれません。

いやぁ♪ 面白いです。 次は、火星か水星の糸かけしましょうね♪ ただ、正式なワークショップでするのは、だいぶ先だと思いますので、しばらくはお試し開催です。

今回ご参加くださったみなさま、次回は無料でご参加いただけますので、よかったらまたご参加ください(^^)(10/7追記:すみません、やっぱり材料費や経費として、700~千円程度だけお願いしますm(__;)m)













∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥

糸かけマンダラ ワークショップ開催情報

http://runrunwaiwai.net/itokaketoha/itokakewsdetail

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥
同じカテゴリー(マンダラ徒然(つれづれ))の記事画像
糸かけマンダラの活躍
複雑に入り組んだ現代社会
“宝石” を作る
これはなんでしょう?
立体マカバと12芒星
マンダラと幾何学と数字
同じカテゴリー(マンダラ徒然(つれづれ))の記事
 糸かけマンダラの活躍 (2017-03-13 09:33)
 数のエネルギーを知りたい人への最高のサイト (2016-11-04 20:56)
 それぞれが感じ取っていく - シュタイナー教育 - (2016-11-04 13:34)
 複雑に入り組んだ現代社会 (2016-05-16 18:25)
 “宝石” を作る (2016-01-19 13:46)
 これはなんでしょう? (2016-01-19 13:30)

Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 10:10 │マンダラ徒然(つれづれ)