2014年12月05日

色や味、触感で感じる


私には女性の排卵が見える 共感覚者の不思議な世界
http://amzn.to/1zYbbt4

糸かけ曼荼羅を作ることで、数字を色や音、感触、味、触感で感じる【共感覚】という能力を持つ人を知りました。

明確なこの感覚がなくても、数字を通して、“宇宙の神秘”を感じ取れる人々がいるということを、疑似体験させてくれる糸かけ曼荼羅。

それから、共感覚の本を読みあさっていますが、その流れで来た本です。

女性が排卵した瞬間、また、月経であることが、色などで見える著者が書いています。

著者が男性なので、そういうのが“視える”男性に一瞬ひいたのですがw、それは乗り越えて読んだら、、、

素晴らしい本でした。

これも、共感覚の一つの能力ですが、共感覚の研究者がいうには、

『少なくとも、幼児期には全ての人間が共感覚者である』

という説が主流だと言います。

男性が女性の排卵、月経を色や感覚で感じとるのは、あつては、当たり前の男性の能力だったとも言われます。

男児は、生まれ落ちた時から、周囲の女性の排卵、月経を色として感じとり、それを“きれいだなぁ、、、”とうっとりとみるそうです。

女性によって、見える色、音、排卵の瞬間の輝き、月経期間に現れる色や音などが本当に素晴らしく、筆者は子供の頃、女性のそういう色を受けとると、頭が痛くなったり、フラフラしたりしたそうですが、それでもやめたい、いやとは思わないくらい魅力的で、東京大学を中退してもいとわないくらい、この感覚をなくしたくないと感じたそうです。

当時、筆者は

「自分の感覚を大切に保って生きている自分と、一流学歴の道を進む自分とを、心の中で闘わせていて、それを『二重の人生』と呼び、結局は前者に生きる自分のほうが好きで、そちらの道を選びとったということなのだと思う」

と振り返っています。

著者はこう言います。

「3~4歳当時から、すでに

『男性というのは、こうやって女性の身体現象を美しい色合いや音や匂いらしきもので感知して、女性を妊娠させてあげたり、体調が悪い時に助けてあげたりする使命を負った生き物なんだなぁ』

と思っていた」


そのさまは、おそらく、私たちが大自然の作り出す色合いや、生命力に圧倒され、目が離せず、無言で感動するさまに似ているのかもしれません。

かつての男性は、もしかしたら、顔やスタイルなどでなく、それぞれの女性が発するそんな生命力、色合いに惹かれ、共に子供を産み出す伴侶を見つけ出すことが出来たのかもしれません。

最初は、“黙ってるのに自分の排卵や月経周期を見られるのは嫌だなぁ(^^;”と思っていましたが、読み終わると、こういう、生命エネルギーを感じとり、女性を大切にせざるをえない(笑)畏敬の思いを持てる男性っていいなwと思います。

また、女性も、いくら表面や言動を上手に隠せれていると思っていても、ホントはそんなの通用しないこと、そして、自分の発するエネルギーに惹かれる人が生涯の伴侶、共に子孫を残す相手だということを思い出せるかもしれません。

ホントは、大人になっても、誰しも幼児期に持っていたと言われる共感覚、持っていると思いますよ。

なぜなら、私が、フラワーエッセンスをしはじめてから、色や感覚で感じる感覚が強くなってきましたから(^^)。

オーラが見えるようになる練習もありますが、それも共感覚の1種なんじゃないかなぁ


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥

糸かけマンダラ ワークショップ開催情報

http://runrunwaiwai.net/itokaketoha/itokakewsdetail

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥∴‥
同じカテゴリー(数字の神秘)の記事画像
辻麻里子さんの本
マンダラと幾何学と数字
<数字の神秘>21日目
素数は、宇宙の謎を解きあかす鍵
素数の神秘
折り紙の中の数字や数式
同じカテゴリー(数字の神秘)の記事
 辻麻里子さんの本 (2015-09-07 11:40)
 マンダラと幾何学と数字 (2015-09-07 11:20)
 <数字の神秘>21日目 (2015-06-18 23:11)
 素数は、宇宙の謎を解きあかす鍵 (2015-04-14 14:07)
 素数の神秘 (2015-02-09 22:33)
 折り紙の中の数字や数式 (2015-02-09 22:01)

Posted by フラワーエッセンス研究家 葛葉 at 15:37 │数字の神秘マンダラ徒然(つれづれ)関連書籍紹介